PICK UP ARTIST #005"STILL ALARMS"

エレクトロ×ラウドミュージックをクロスオーバーさせた楽曲に哀愁漂う歌メロが見事に織り交ざる!
1st mini album『Relations』をリリースしたSTILL ALARMS(スティルアラームス)が、記念すべき結成一周年の6月1日(金)にツアーファイナルイベントをCLUB251で開催、そんな絶賛ツアー中の彼らにQ&A方式で色々と聞かせてもらいました!

Q:間も無く結成一周年のSTILL ALARMSですが結成のいきさつは?
A:きっかけはRyoji(Key)とRyosuke(Vo.Gt)の前身バンドの解散ですね~。そこに野良犬のようにしていたArata(Gt)が拾われた感じです(笑)。

Q:どういうコンセプトのもと集まったのでしょうか?
A:以前はいわゆるメタルコア界隈にいたのですが…、前身バンドほどラウドにはしたくないなというのはあって、メタルコアはもうお腹いっぱいっていうか(笑)。でも正直この一年で最初のコンセプトは随分変わりましたね。やりたいことが多すぎて、今それを削ぎ落としている最中です。

Q:今回の作品の歌詞もコンセプトの変化があるのでしょうか?
A:そこは意外と変わってきてなくて。今回のアルバムタイトルが『Relations』なんですけど、これは"関係"って意味で、もどかしさとか、人間同士のすれ違いとかで、歌詞暗いんです(笑)。ハッピーエンドにできないんですよね。今回のMVの曲もそうなんですけど頑張ってハッピーにもっていっても最終的にハッピーになりきれないみたいな(笑)。

Q:結成一周年の時期にツアーファイナルを持ってきた理由は?
A:活動してから一年経ってミニアルバムをリリースしてツアーもするし、自分たちがどれだけ成長したか測るためにも面白いかと思いまして。イベントとしても、今回のイベントタイトルがちょうど一周年って名前なので、今のうちらを皆さんにも観て欲しいというか。

Q:ツアーを組む上でメンバー3人+サポートメンバーですと色々な面で大変だと思うのですが。
A:サポートベース3人、サポートドラム2人いますからね(笑)、前身バンドの経験から固まるの待ってやり始めたら時間掛かりすぎちゃうので。「それなら先に行動しないと!」と思いツアファイ入れて14本、見切り発車にはなっちゃいましたがとてつもない経験になってますよ。正直スケジュールについては後悔してますが(笑)。

Q:サポートメンバーに正式メンバーとして加入して欲しいとは思いませんか?
A:うーん、常に言ってますよ(笑)。でもみんな自分のバンドがあるんでなかなかそれは難しいところです。正式メンバー募集してます!

Q:ツアーファイナルの内容は?
A:いい意味で251っぽくないメンツですね。下北に来たばっかりの僕らですし、友達も下北にいないので、僕たちの普段やってる所から呼ばせてもらいました!

Q:その後の活動は?
A:とりあえずSNSの強化とかですかね、この一年ライブは沢山やったので(笑)。きっと僕達みたいなバンドはあまり下北沢にはいないと思うので下北沢の人たちには目新しさを見て欲しいですかね! 下北沢にSTILL ALARMSの風を吹かせます! なんつって(笑)。



辛かったはずの一年なのに、彼らと話してると楽しそうで何よりです!これからのSTILL ALARMSに期待してください!

STILL ALARMS(スティルアラームス)

PROFILE:
2017年1月結成。6月1日立川BABELにて初企画 「First ALARM」より活動開始。 Vo&Gt Ryosukeの哀愁漂う歌声にキーボードRyojiのピアノ、ストリングス、シンセが風景に色を添えるように混ざり合う。 Arataのギターはソリッドに、時にエモーショナルな音をバンドに投下する。 ​ J-POP・ラウドミュージック・ギターロック・エレクトロを独自に組み込んだサウンドを展開。

1st mini album
『Relations』
STAL-0001 ¥1000(tax in)
会場限定販売 2018/4/8 Release
1.Fade 2.uneasy 3.Sight 4.Futile 5.Things I seek

STILL ARARMSオフィシャルサイト

CLUB251 OFFICIAL WEB SITE

 
シェア